メインコンテンツまでスキップ

開発環境の準備

Node.jsとは

Node.jsは、JavaScriptをサーバーサイドで動かすことを目的に開発されたソフトウェアです。Node.jsはGoogle ChromeのJavaScriptエンジンと同じ「V8」でJavaScriptを実行します。

Node.jsにはGoogle Chromeと同じJavaScriptエンジンが乗っていると言っても、組み込みのAPIは異なります。ブラウザはJavaScriptからHTMLを操作する必要があるのでDOM APIがありますが、Node.jsにはありません。代わりにNode.jsには、サーバーサイドのさまざまなリソースを制御する必要があるので、ファイルシステムにアクセスするAPIやHTTPサーバーを建てるためのAPI、プロセスを起動したり終了したりするAPIなどがあります。

Node.jsの典型的な用途は、サーバーサイドアプリケーションの開発です。たとえば、ウェブサービスのバックエンドなどです。最近のフロントエンド開発でも、Node.jsが必要になってきています。なぜかというと、開発で使うツールをNode.jsで動かす必要があるからです。TypeScriptでの開発も、TypeScriptコンパイラ(tsc)を動かすのにNode.jsが必要になります。

Node.jsのインストール

Node.jsは公式サイトからダウンロードしてインストールすることもできますが、もっとも手軽な方法はHomebrewを使ったインストールです。

text
brew install node@16
text
brew install node@16

インストールされたらnode -vでバージョンが表示されるかを見て、nodeコマンドが実行できるかを確かめてください。

text
$ node -v v16.13.0
text
$ node -v v16.13.0

TypeScriptをインストールする

お使いのターミナルからTypeScriptコンパイラをインストールします。

text
npm install -g typescript
text
npm install -g typescript

tscコマンドが実行できるかtsc -vコマンドで確認します。

text
tsc -v Version 4.4.4
text
tsc -v Version 4.4.4

表示されたバージョンはインストール時の最新バージョンになります。上の例は執筆時のバージョンなので、これと異なっていても問題ありません。

エディター・IDE

TypeScriptの開発にお勧めエディター・IDEはVisual Studio CodeまたはJetBrains IDEです。

Visual Studio Code

Visual Studio Code(VS Code)は、Microsoftが提供する無料でオープンソースのIDEです。Windows、Mac、Linuxに対応しています。このIDE自体もTypeScriptで実装されています。

https://code.visualstudio.com/download

JetBrains IDE

JetBrains IDEはJetBrains社が提供する有償のIDEシリーズです。Windows、Mac、Linuxで使えます。JetBrains IDEシリーズはプログラミング言語ごとに最適化された個別のIDEが提供されています。TypeScript専用のIDEはありませんが、次にあげるIDEはTypeScriptにしっかり対応しています。

フロントエンドの開発のみを予定している場合、最安のWebStormで十分です。バックエンドとフロントエンドの両方を開発する場合は、PhpStorm、RubyMine、PyCharm、GoLandの中からバックエンド言語に合ったものを選ぶとよいでしょう。さまざまな言語を使う予定がある場合、ハイエンドのIntelliJ IDEA Ultimateを選ぶと網羅的になります。JetBrains IDEシリーズには無償版IntelliJ Community Edition(CE)がありますが、これはTypeScriptには対応していません。

JetBrains IDEには、30日間のフリートライアルと、学生は無料で使える無料ライセンスプログラムもあります。

日本の販売代理店の株式会社サムライズムからは、300円から1,000円の割引で購入することもできます。

  • 質問する ─ 読んでも分からなかったこと、TypeScriptで分からないこと、お気軽にGitHubまで🙂
  • 問題を報告する ─ 文章やサンプルコードなどの誤植はお知らせください。