メインコンテンツまでスキップ

簡単な関数を作ってみよう

このチュートリアルではTypeScriptで簡単な関数を作る体験を通じて、TypeScriptの型がJavaScriptのどのような問題を解決するのか、コンパイラはどのような役割をは指すのかを学びます。

このチュートリアルに必要なもの

このチュートリアルをやるに当たり、必要なツールがあります。次にリストアップするものを準備しておいてください。

  • Node.js
  • VS CodeやWebStormなどのエディター
  • tsc(TypeScriptコンパイラ)

📄️ 開発環境の準備

TypeScriptの開発に必要になるNode.jsとTypeScriptコンパイラ、エディタをインストールしましょう。

JavaScriptで発生しうる問題

まず、次のJavaScriptファイルをローカル環境に作ります。

increment.js
js
function increment(num) {
return num + 1;
}
console.log(increment(999));
increment.js
js
function increment(num) {
return num + 1;
}
console.log(increment(999));

このプログラムは引数をインクリメントして返すだけのものです。これをNode.jsで実行してみましょう。

sh
$ node increment.js
1000
sh
$ node increment.js
1000

問題なく動いたと思います。つづいて、increment関数の引数を999から文字列型の"999"に書き換えてみましょう。

increment.js
js
function increment(num) {
return num + 1;
}
console.log(increment("999"));
// ^^^^^
increment.js
js
function increment(num) {
return num + 1;
}
console.log(increment("999"));
// ^^^^^

この小さな変更で実行結果は大きく変わってしまいます。実行してみましょう。

sh
$ node increment.js
9991
sh
$ node increment.js
9991

出力結果は1000から9991に変わったはずです。この理由は、引数numが文字列になったせいで、+演算子が足し算ではなく文字列結合になったからです。JavaScriptは"999" + 1"999" + "1"と解釈します。この解釈の詳細を知るには型強制の説明をご覧ください。

📄️ 型強制

JavaScriptにはデータ型がありますが、型が異なる2つの値に対し演算してもエラーにならない場合があります。たとえば、文字列型の"1"から数値型の1を減算した場合、数値型の0が計算結果として出てきます。

引数は999"999"という型の微妙な違いだけです。もしもこれが金額の計算だったら大問題です。increment関数は引数numが数値型のときだけ正しい動きをします。しかし、関数を呼び出すときは、制約なしにさまざまな型を渡せてしまいます。引数に数値型のみ代入できるように制約するには、どのようにしたらよいのでしょうか。ここでTypeScriptの出番になります。

JavaScriptをTypeScriptに変換する

JavaScriptをTypeScriptにする第一歩は、ファイルの拡張子を.jsから.tsに変更することです。TypeScriptはざっくり言って、JavaScriptに型関連の構文を追加したにすぎない言語です。なので、JavaScriptのコードはそのままでもTypeScriptとして扱えます。

sh
mv increment.js increment.ts
sh
mv increment.js increment.ts

コンパイラを働かせる

TypeScriptの目玉機能はなんと言ってもコンパイラです。コンパイラの役割のひとつは、上例のような型の問題をチェックし、発見した問題点をプログラマに報告することです。TypeScriptコンパイラはとても賢く、ノーヒントでも型の問題を指摘してくれます。しかし、ヒントを十分に与えたほうが、コンパイラはもっと緻密なチェックをしてくれます。

コンパイラに与えるヒントのことを「型注釈(type annotation)」と言います。それでは、increment関数の引数numに型注釈を書いてみましょう。型注釈はnumの右に: numberと書きます。これを書くことで「引数numは数値型だけが代入できます」という意味になります。コンパイラはこれをヒントに関数呼び出しコードをチェックするようになります。

increment.ts
ts
function increment(num: number) {
// ^^^^^^^^型注釈
return num + 1;
}
 
console.log(increment("999"));
increment.ts
ts
function increment(num: number) {
// ^^^^^^^^型注釈
return num + 1;
}
 
console.log(increment("999"));

型注釈を書いたら、TypeScriptコンパイラにチェックをさせてみましょう。TypeScriptコンパイラのコマンドはtscです。

sh
tsc increment.ts
sh
tsc increment.ts

すると、次のエラーが報告されるはずです。

ts
console.log(increment("999"));
Argument of type 'string' is not assignable to parameter of type 'number'.2345Argument of type 'string' is not assignable to parameter of type 'number'.
ts
console.log(increment("999"));
Argument of type 'string' is not assignable to parameter of type 'number'.2345Argument of type 'string' is not assignable to parameter of type 'number'.

このエラーの内容は、「引数numは数値型しか代入できないはずだが、関数呼び出しでは文字列型を代入している。本当に問題ないか?」という指摘です。

エラーというと望まれないものというイメージがあるかもしれません。しかし、コンパイラが報告するエラーはむしろ歓迎されるものです。なぜなら、自分の代わりにコードに潜んでいる危険を、コーディング時点で知らせてくれるからです。

コンパイルを通す

コンパイラが指摘する問題点をすべて解消する作業のことを「コンパイルを通す」といいます。上のコードをコンパイルが通るコードに直してみましょう。直し方は単純に、関数呼び出しの引数を数値型にするだけです。

increment.ts
ts
function increment(num: number) {
return num + 1;
}
 
console.log(increment(999));
// ^^^直す箇所
increment.ts
ts
function increment(num: number) {
return num + 1;
}
 
console.log(increment(999));
// ^^^直す箇所

直したら再びコンパイルしてみましょう。

sh
tsc increment.ts
sh
tsc increment.ts

今度は何も表示されずに処理が終わるはずです。コンパイル成功です。

生成されたJavaScript

ここまでの手順で、increment.jsというファイルができていることに気づいたかもしれません。そのファイルの内容は次のようになっていると思います。

increment.js
ts
function increment(num) {
return num + 1;
}
console.log(increment(999));
 
increment.js
ts
function increment(num) {
return num + 1;
}
console.log(increment(999));
 

これは、increment.tsをコンパイルする過程でコンパイラが生成したJavaScriptファイルです。TypeScriptのコードと比べてみると、引数numから型注釈が取り除かれていることがわかります。

型注釈の部分はTypeScript固有のものです。それが書いてあるとブラウザやNode.jsでは実行できません。なので、TypeScriptコンパイラはJavaScript実行環境で動かす用のJavaScriptファイルを生成してくれます。開発者はこの成果物のJavaScriptファイルを本番環境にデプロイすることになります。

学びをシェアする

・JavaScriptからTypeScriptへの書き換えは拡張子を.tsにする
・コンパイラは型の問題を教えてくれる
・型注釈を書き加えると、コンパイラはより細かいチェックをしてくれる
・コンパイラが生成したJSをデプロイして使う

『サバイバルTypeScript』より

この内容をツイートする
  • 質問する ─ 読んでも分からなかったこと、TypeScriptで分からないこと、お気軽にGitHubまで🙂
  • 問題を報告する ─ 文章やサンプルコードなどの誤植はお知らせください。